少子高齢化で介護食も宅配でとどく時代

介護にメリハリをつける食事のための宅配の介護食の利用の仕方を、介護の家族の気持ちを含めて書きました。

少子高齢化で介護食も宅配でとどく時代

色々な宅配の介護食の利用の仕方

宅配の介護食の利用方法では、毎日すべて依頼する方法と、週に何回か利用する方法があると思います。毎日では経済的な負担が大きいとか、自分が作っていないというような精神的な負債があるという場合もあるかもしれませんし、量が多すぎて余るということもあるかもしれません。メニューも自分たちで決めたいこともあるかも知れません。例えば食べたいものがあるとか、週に一度は食べたいとかですが、そのような時にも、一週間のうちで数日自分たちで作り後は、宅配の介護食を利用する方法だと食事にもメリハリがつきますし、精神的な負債もなくなるかもしれません。家族の中で相談しながら、そのような使い方も良いのではないかとも思います。

自分の家庭の介護の事情にあった使い方ができるのも宅配の介護食のメリットだと思います。また介護と言ってもいろいろな患者の状態や病気の状態がありますし、それが変化していくのも介護の特徴です。食事療法が必要な病気にその後、かかるかもしれませんし、その人の体の弱い部分があとから病気になるかもしれません。そのような話もよく聞きます。そのような時でも宅配の介護食では、その変化に対応できる食事が準備できますので、それも心強いところでしょう。まずそうなった場合に余計なことを悩まなくてすみます。その状態にあった献立が宅配されるからです。申しこめばよいだけですので、担当者に相談して変えていけば良いということになります。

Copyright 2017 少子高齢化で介護食も宅配でとどく時代 All Rights Reserved.